Webシステムとは

Webサイト制作技術(HTML+CSS+Javascript、JQuery)とプログラム技術(PHP)とデータベース技術(MySQL)を組み合わせて業務用の管理システムを構築することです。とかくシステム屋さんはプログラム技術に専念しがちですが、Webサイト制作も手がける当社は、これらの技術をバランス良く保有しておりますので、データの処理だけではなくユーザーインターフェイスに優れたシステムを開発できます。
また、サーバーやクライアントPCはWeb技術とブラウザに依存するので、クライアントOS上で動作するアプリケーションシステムに比較すると、営利目的で数年に一度行われるOSメーカーのソフトウェア更新が無く、非常に安定しておりその度に多額のアプリケーション・ソフトウェアの更新費用が発生することはありません。
Web表示仕様については、単独の企業が決めるものでは無く,W3Cという国際的な非営利機関で決定されていますし、PHPやMySQLはともにオープンソースであり、世界中で利用・開発がさている安定したソフトウェア、データベースです。ともに改版は行われますが、基本的に上位互換であり、レンタルサーバーにおいてもバージョンの選択が可能なところもありますので、改版に伴うソフトウェア更新のリスクを回避できます。

Webシステムの開発に必要な技術

MySQL

Webシステムで使用するMySQL

データベースの中でも堅牢性と高速性に優れたストレージエンジンはシンプルで高速な「MyISAM」の他、トランザクションに対応した「InnoDB」もあり、業務用で複数のテーブルのデータの更新処理を行なう際も、予期せぬエラーが発生してもデータの整合性を維持することが可能です。
また、現在世界中で一番使用されているオープンソースのデータベース・ソフトウェアであり、ほとんどのレンタルサーバーで利用が可能です。

PHP

Webシステムで使用するPHP

サーバー側で動作するスクリプトプログラムですので、JavascriptやJQueryと違いソースをユーザーに公開することなくシステムを構築できます。
Webサイトの進化に伴い、ユーザーとの双方向の情報のやり取り(例えば、商品の検索・表示)のニーズが高まってきました。これを実現するには、動的にWebページを生成する必要があり、サーバー側で動作するスクリプトプログラムが開発されてきました。
他にもサーバースクリプトプログラムはありますが、PHPはもともとWeb用として開発されてきたので、Webサイトを作成しやすいように設計されています。例えば、HTMLやCSSとの併記が可能であったりします。このためWebシステムでも開発や変更などが非常にやりやすくなっています。
また、MySQLとの親和性もよく、データベースを操作する関数が用意されています。Webシステムでは、PHPでWebページから受け取ったデータを基にMySQLのデータベースにデータを更新したり、MySQLのデータベースのデータをPHPで取り出してWebページとして表示させています。


page top