重複コンテンツとSEO対策

重複コンテンツとWebサイトのSEO対策

前回、SEO対策におけるコンテンツについてご説明しました。
オリジナリティに富んだ豊富な内容のコンテンツを作成することが望まれることを申し上げましたが、ホームページを制作する上で、コンテンツについて注意する点があります。 重複コンテンツという言葉を耳にされたことはないでしょうか?
ホームページを制作していると、どうしても同じ内容を違ったページに記述したくなる場合があります。 ヘッダーやナビゲーション・メニューなどは、サイトを作る場合、統一感を出すためにも同じ記述となります。 また、定型のフォーマットで商品の紹介をする場合なども、一部の内容を除いて、同じ内容(コンテンツ)になってしまいます。
このような場合、SEO対策の上で、何が問題(デメリット)かというと、重複する比率が高いと、検索サイトのクローラーから、重複コンテンツとして判断され、 そのページがインデックスされなくなってしまうことです。
Googleウェブマスターツールにサイトを登録している方なら、ご存じと思いますが、サイトマップ・ファイルで送信した全てが、インデックスされていないと思います。 SEO対策上、重要なページであれば、このことを考慮して、ホームページを制作しないといけない訳になります。

関連ページ:

関連サービス:

SEO対策をしたホームページ制作を東京や神奈川でご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。 ホームページ制作だけではなく、現状のWebサイトのコンテンツの作成支援、キーワードの選定支援、アドバイス、コンサルティングも行なっております。

page top